FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
1、宮城 鹿島台にジャズ喫茶「Wan」 近日中に開店


木々は青く♪ バラは紅い
  どれも僕と君のために 息吹いて
🎵僕は独り言う
    なんて素晴らしい世界だ!と

これはサッチモでお馴染みの「この素晴らしき世界/wonderful world」の歌詞ですが
鹿島台には40年以上にも亘って独自の理論に基づいて営業を展開しているオーディオ店がある。
それがWonderfulHose・・・この店名と名曲の関係は不明です
オーナーは新沢一氏。
神童として生まれた時から有名人、ユニークという衣をまぶして天ぷらに・・・辛口スパイスたっぷりに仕上げた男だ。

清掃に始まり店内大改装、プラン全般・施工はオーナーかと思いきやスーパーウーマン佐藤さん、応援には小野工務店の
小野氏。
命名はAbbeyRoed 自店のジャズらしからぬ店名に付き合ってもらおうという意図はない
WonderfulのWan、 何かにつけNO1のWan(One) 、もう一つのWanは一(はじめ)常連客候補の近隣の人達からは今だに
「ハジメちゃーん!」 教員だった親父さんが将来選挙民が書きやすい名前を!と命名したという由緒正しくも親しまれている・・・ので
Wan(一=One) 「One」、これだとオネと読まれる心配もあって『Wan』です。決して複数呼びはしないで下さい。
出来栄えは素晴らしく4月開店予定 
☆乞うご期待!
ワンダフルハウスHP
CA350069_20190314182109f77.jpg

2、第5回 「オーディオ・音楽鑑賞会」 開催決定!

会場を石巻市のビッグバンに変更しての昨年の「第4回」に続き今年も開催いたします。

昨年は会場変更もあって何かと心配もありましたが予想以上の反響で、今年は更に内容充実して皆様をお迎え
したいと思っております。

▪️お願いですが、この企画はボランティアで成り立っています。ご協力宜しくお願いします。

▪️開催日時につきましては例年通り連休前を予定してますが、会場との調整中で詳細は追ってご案内いたします。

☆今年の一部内容
・メインモニタースピーカーにはALTEC A5 その他Etc
・好評の講演には今年4名、1名増員と強力な布陣を予定してます。

IMG_1573.jpg 当店のチャンデバ/主催者製作 
主催者ホームページ
ヘッター アビーロード のコピー2

画像見て頂いて分かりますか?

CountBasieとBillEvans この写真は当店内にこっそり飾ってある写真です

先日お客様より注文頂きお渡しした2点です
(コニカミノルタ「画廊・四切」フレーム入り プリントはエプソンGT-9800&SC-PX5v2(新規購入) 特注マット入・・・プロ仕様)

この手の事は専門分野でもあり・・・餅屋の餅。今回は灯台下暗し
こんなニーズがある事にビックリ!

こんなモノも販売中です ご興味があるお客様はお声かけ下さい。

IMG_1569.jpg
40年前手に入れた写真で、乾燥・湿度・色相変化対策にラミネート加工を施して飾っていました
撮影者は忘れましたがカメラは名機二眼レフRolleiflex 3,5FPlaner

IMG_0722.jpg

IMG_0692のコピー

*法律上の著作権・使用権は確認・許可取得済です。


春を感じて頂けたら幸いです

白鳥飛躍1
ブレブレの失敗写真ではありません
スローシャッター(流し撮り)撮影です 頭部にピントを合わせて背景・水しぶきを流しています。
決してスマホやオート撮影では撮れない技法です〜なんちゃって!

ホテル沼初冬

げいび3のコピー

6月月山

菜の花大のコピー

IMG_1505.jpg
 初雪の季節デス  2018/12/03 (Mon)
IMG_1181-Edit.jpg


IMG_1230-Edit.jpg


IMG_1207-Edit.jpg

IMG_1165-Edit.jpg



早朝 仕事へ向かう途中の朝霧風景です。
どこかお分かりでしょうか?

IMG_1436.jpg



IMG_1429.jpg


IMG_1421.jpg

IMG_1420.jpg


IMG_1419.jpg

IMG_1418.jpg

IMG_1417.jpg

IMG_1415.jpg

IMG_1414.jpg

IMG_1412.jpg

IMG_1411.jpg

IMG_1409.jpg

IMG_1400.jpg


IMG_1388.jpg

IMG_1394.jpg

IMG_1380.jpg

IMG_1377.jpg

IMG_1375.jpg

機材:CANON EOS5DMK3 35mm~350mm F4,6 標準から望遠これ一本(宮城地方では通称「かばねやみレンズ」テスト使用)







 四季の彩り NO2  2018/11/02 (Fri)
IMG_1158.jpg

IMG_1153.jpg

IMG_1154.jpg

IMG_1156.jpg

IMG_1157.jpg

IMG_1152.jpg

IMG_1151.jpg

IMG_1150.jpg

IMG_1149.jpg

IMG_1148.jpg

*今回はストックしているPC画面からのアップです。

 画質には難アリかと思いますが、いかがでしょうか

 お客様 Q&A Ⅱ  2018/10/14 (Sun)

前回に引き続き「よく頂く質問 Q&A」 NO2

IMG_1165.jpg


◾️なぜ古いスピーカーを使ってるの?

お金がないから!それもありますが、それ以上にポテンシャルに疑問・限界を感じた事がないからです。
電気仕掛けのスピーカー(ユニット)が世に出て1世紀を迎えようとしてますが、1950年代には完成の域に達しており現行モデルも基本原理は同じであり当時のモデルを超えるスピーカーの出現はないと思ってるからです。(当時は用途に応じた選択肢が豊富だった)新しいモデルはボクの価値観と方向性の乖離が大きい。

◾️なぜMcintosh等のハイパワーアンプを使ってるの?

デカい音、力強い音を出すため・・・ではありません。
安定した動作としっかりした造りで故障が少ない信頼感です。それと真空管時代からの一貫した同社ポリシーに共感出来ることです。
従ってハイパワーを選んだのは音量とは全く無関係。使用スピーカーが100dB以上と高能率なので音量的には10w程度(最大出力の2%)で充分なのです。
音質に関わる事としては重くてデカい同社の特徴でもある大型出力トランスを搭載してますが、マッキンもスレッショルドも使っている理由はここにあります。音質で選んだら余分なパワーも付属していたということです。

◾️なぜ、これほどまで大きくする必要があるんですか?

「リアルな再現」を!と追い込んだらデカくなってしまったって事です。
特にボクはELLINGTONを如何に再現しようか・・・豪華な名人揃いのアンサンブルをここに招き入れるには・・・と考えているうちにこんな姿になりました。
まず32畳分のエアーボリュウムという問題があります。
必要な大きめの各ユニットを導入して最適化を考えたら、「電気的制動」と同時にデカいMIDホーンと低域を2分割して(分割振動とストローク振動)する処にきて、追い込んだらデカめの箱になりました。空気の振動量の差は随所に現われます。
初めて大型スピーカーを聞く方は、一般家庭の音像感とは違いますので、違和感・戸惑いがあるようですね
音に理解力のある方は、大型なのにスピーカーがバラバラにならないリアル感を感じ取って頂けます。

IMG_1287_20181014221101a27.jpg

◾️なぜマルチアンプ?

理想はフルレンジ一発。色々と欲張っていくと2・3ウェイと多数駆動になりますが、その場合通常ネットワークが組み込まれます。そこに潜む電気的な問題点を避けて通るためです。
ボクが最も問題点と思うのは周波数によってインピーダンスが変化することです。特に低音域ですが皆さん解決の為、色々苦心しているようですが私は頭っから避けたという事です。
ただ、マルチシステムはチャンデバとラッパの数だけパワーアンプを揃えて接続・レベルを合わせればOK!って事には決していきません。
緻密な計算に則って設計された専用アンプ以外の汎用アンプの場合はアンプとスピーカー間の最適な電気的な制動を自分の耳を頼りに探しだし決定する作業を避けては通れません。
じゃないとスピーカーに一体感がなく各ユニットがバラバラに鳴って音楽どころではなくシステムとは言えません。
P・アンプの出力信号・ケーブルの直流抵抗・ボイスコイル、この三者の関係を微調整して最適値に設定する必要があります。

マルチシステムを否定する人の殆んどは接続しただけの段階で、当然その結果に不満を感じてアンプを取っ替え引っ替えレベルを始終動かしても結果を得られず「マルチはダメ!」と断念するように思います。

ボクの場合、信頼できる理想的なチャンデバに出会えた事もとことんマルチ党の切っ掛けになりました。

IMG_1104.jpg
Template by :FRAZ