back to TOP

admin |  RSS
4月末、朝方 私の出張先に友人の奥様から電話が入った
「主人が急死しました・・・明後日の通夜・葬儀には好きだったJAZZで送ってあげたいので宜しくお願いしたい」 と憔悴し切った中、気丈にも連絡下さった。
10歳も上ながら、友人として公私共、しかも家族ぐるみの付き合いで良くしてくれた人だ。
お礼がわりの最後のご奉公・・・と言うにはあまりにもお易いご用だ
葬儀にJAZZ、世間では珍しくもないと思うのだが自身は初めてで聴いたこともない
帰りの車中で選曲・・・10曲

gtfttg.jpg

まず想い浮かんだのがジャッキーマクリーン嘆きのアルトサックス・・・レフトアローン(マルウォルドロン)
マイフーリッシュハート(ビルエバンス)・・・心境そのものだ
バラ色の人生/サッチモ 参列者からひんしゅくを買う心配もしたが楽天家の故人人生そのもので喜んでくれる。
VIOLETS FOR YOUR FURS /J COLTRANE 恥ずかしながら、お客様からリクエスト頂いて以来お気に入りの名演
SOMETHING I DREAMED LAST NIGHT / MilesDavis 4部作の中でも最も故人も私もお気に入り
それにニーナシモンが好きな人なので一曲、私の好きなアーマッドジャマルを一曲
「ソニーロリンズは8回も見た」と誇らしげに言ってたので嫉妬して・・・今回はPASS

IMG_1097.jpg

6:00開始のお通夜 5分前には参列者全員 席に着いて静粛
不思議にも一番捧げたい曲は1曲目と再度7曲目に入れており7曲目が悲壮感漂う会場に響き渡った
ジャッキーのアルトがテーマで咽び泣いて、ビリーに想いを込め情感豊かなマルのピアノ・・・
再びジャッキーの例の甲高いアルトが静粛な会場でソロ演奏

聴いてますか?スズキさん
長い間 色々とありがとうございました。
スポンサーサイト
3月の大西順子グループそして4月末の日野皓正グループのライブ、ご来場頂きましてありがとうございました。
お越し頂きました皆様からは好評で、今から次回が楽しみになります。

白熱の演奏内容もさることながらJAZZは音がよくないとね〜とおっしゃる方には特に満足頂けたようです。
日野さん、大西さん共に挨拶の冒頭にも言ってましたが会場のNsスクエアーは堅牢な木造で広さも適度。
適度にデッドな響きで間近に強烈なビートを味わうには最高です。機会がありましたら音もチェック!

hino L



お客様もいない店で一人スピーカーに向き合ってると「次にすべき事」探しに気の休まる暇がない。
そんな日々がもう6年にもなる。甲斐あってか、ここ2ヶ月疑いの余地がない(多分花粉症で集中力欠如かも)

案の定、それも束の間
今回は音の問題ではないので深刻ではない。見た目、スピーカー背面の壁・・・幾度も左官屋さん・内装屋さんの真似事をして仕上げに額やパネルでご満悦。そこの大きな落とし穴に気付いて今は漆喰の塗壁で、今は黒に近い紺色。
悪くはないが殺風景・・・正対してると気配が欲しい!
思い立ったのが手書きのJAZZ絵。子供の頃から気合が入れば「大変良くできました」だった。久々にヤル気は湧いてきた。が、相手は約1mの正方形の塗り壁で塗料は瞬時に吸い込み修正不能だ。

さて何を描くか・・・思い立った時、ロリンズのサキコロのジャケットが目に入って一枚は決定。描く面積の半分は壁の濃紺そのままで手間が省けるので好都合だ。
もう一枚選定には迷った。あれこれ考えて選んだのがマイルスのDIG 演奏もいいがジャケットがまたいい!
フィルムカメラを経験した方ならお分かりの事ですがラチチュードの狭さを巧みに利用した若きマイルスの写真。
私の得意な単色の点描法でのグラデーションを表現してみた。出来栄えはこの通りマズマズ。等身大のマイルスが立った。

まる2日間絵描きに転身・・・何人かの方、電話頂きながらお断りしました事、深くお詫び致します。

IMG_1072_20180404103552a53.jpg


IMG_1075_201804041035512dd.jpg
 王道bluenote盤  2017/09/26 (Tue)

最近度々お客様からのご指摘・・・
コンボ聞きたいんですが・・・何かお願いします!
ごもっともで!(私)
ビッグバンドに心血注いでいるとおろそかになり「反省」
ここ一か月は定番ブルーノートをチェック微調整
・・・とRiverSide、リクエストの多い人気盤

IMG_0844.jpg

IMG_0848.jpg
こちらはVICTOR盤  
個人的には超名盤ヴィレッジバンンガードライブより気に入っている。

名称未設定-7

音については久々ですが・・・
先日、度々ご来店頂いているお客様 「何か換えたの?」の質問に・・・「いや、この通りで特別には!」の返答
「前と全く違うよ!!」・・・と怪訝そうなお客様

IMG_0491 のコピー
IMG_0477.jpg

帰った後に思えば「特別には変えてない」の返答は間違いでもないが、少し不親切でもあるかな・・・とも思う。
厳密には機器は4か月前と同じで諸々の「調整」は日々の日課みたいなもので、器械の交換以上に些細な調整が効果的という体験は数えきれない。
実は何年も前の自宅18畳の部屋JBLシステムで奏でていた「音」を再現したくてJBL18inchサブウーファーを持ち込んだのが4年前で、それから試行錯誤。 考え方に間違いがあったのか・・・方向性・SP選択はダメだったか・・・

悪戦苦闘の末 昨年12月から、ようやくYAPチャンデバの4個のボリュームも固定状態で約2ヶ月は最長記録

そんな訳で、
質問に対して「特別に変えてはいない!」という意味は目に見える器械はパワーアンプだけの変更だから、で・・・以前のMC2500・MC2255だってなかなかの器械だったと今でも思ってる。ヴィンテージアンプ故の肉体作業回避が目的でMC352・MC500に変えたのも「全体的に変わらない」からで、変化としては音場のエアコンが新しくなって空気清浄機能がアップしたな~っていう印象だった。
中高音は費用対効果が一程度約束されているのに対して低域は別で、ドライブアンプ・エンクロジャー・部屋等々それとユニットで成立するように思う。
25Hz~400Hzを如何に自然に鳴らすか・・・全てを決する最も重要なキモだと思っている。ややもすると「低音感」という量感で妥協錯覚してしまう。

この小難しいが見逃せない重大テーマだけに4年を費やしたように思う。

今でも思うのは器械の変更で変わるのはたかが知れている(能力・性格が大きく違うのは別として)。
音の世界は投資金額で決まるものではまったくない。
問題は鳴らし方。
今でも小型SPを巧みに使いこなしている人の音を聞かせてもらって『ドキッ!』することがある。
ステレオはメーカーの額面通りに鳴ってくれるが自由なオーディオは使い手次第。演奏者が楽器を如何に使いこなすか・・・と同じだ。
やってみなけりゃわからないオーディオの世界。ブカッコウながら我がスピーカー、テスト・教材としては最高デス。


以前においで頂いたお客様   未完成サウンドで今更ながらお詫びします。
当店の進化したサウンドを! 
是非お聴きください。

 たまにゃ~Vocal  2015/12/30 (Wed)
オーディオが歌い出すとアレもコレもとレコード棚を漁る行動はマニア共通で・・・10年振りでロレツ
いい!実に雰囲気のいいライブ録音
改めて・・・不運な境遇の名歌手だ

ロレツ
 今後の営業予定  2015/12/15 (Tue)
予定通りにはなかなか・・・トホ
GS絵


師走とは云え温暖な冬の気配・・・いかがお過ごしでしょうか?
当方、「音の改善」を思い立って着工から2週間経ちました。 経過は良好ですが視覚・居心地の・・・まァ 音とは関係ない部分で時間を費やしています。
資材の余りを使い切ろうかな!・・・と そんな次第です。

肝心の音は? ですか・・・

今回、結局 器械の入れ替えはしませんでした
テスト的に試聴してみましたが・・・結果 ダメでした

変えたのは
SPの周辺壁面・床・SPエンクロージャー等々です。
そうです、共振・共鳴・・・以前から気になっていた部分で、解消しない限りはダメだと思ってました。
小手先の機器の変更・セッティングでは解決しませんでした。

見た目には さほどの変化はありません。
しかし、音は変わりました
変わったというより、いろいろな干渉を制御することで特定周波数ピークがなく調整が効くようになりました。
これ・・・あくまで自己評価。
IMG_0028.jpg
Template by :FRAZ